ダニ退治の正しい情報を広めたい

この世の中は、ダニ退治に関して誤った情報であふれています。

 

私は一時、ノイローゼ寸前までダニ被害に悩まされました。

ダニ刺されって、蚊に刺されたのとは比べ物にならないくらい痒いんです。

 

私と嫁と娘2人の家族4人、朝起きるとまた昨日とは違うところがダニに刺されているんです。

それが、毎日毎日。

 

最悪、私と嫁はいい、でもまだ小学生にもならない小さな子供達が痒くて痒くてカラダを掻きむしって皮膚がボロボロになっていくのはもう、本当に見ていられなかった。

 

もちろんネットで死ぬほど調べてあの手この手の対策はしました。

中には数日は効果があるものもありましたが、根本的な改善につながるものはありませんでした。

だってこの時はまだ、ダニ退治に関する情報が世の中に少なすぎた。

 

でも今でもまだ玉石混合で、正しい情報も間違った迷信もごちゃまぜ状態でネットに転がっている状態です。

 

だからこそ自分の経験も合わせて正しい情報を発信していくことこそが使命だと思い、私はこのサイトを作ったんです。

 

マイホームを建てて新築の家でダニ被害に遭った私の失敗を聞いてください。

 

夢のマイホーム!のはずが、、、

 

妻がスーパーのチラシのようなものを右手に持って、いつになくにこやかな笑顔で私に話しかけてきた。

 

当時私たちは築20年、木造2階建てアパートで1階に3部屋、2階に3部屋の合計6部屋あるうちの道路から1番近い1階の1部屋で住んでいました。

外からの見た目はボロボロでしたが、内装はリフォームしていてそこそこ綺麗だったのと、周辺の物件より家賃が安かったのが決め手でした。

 

12月、吐く息も白くなり、世間がわざとらしく騒がしくなるこの時期に、仕事終わりの私はそのアパートでゆっくりしていました。

 

ねえほらこのチラシ見て、小学校の向かいのあのコンビニの裏が分譲するんだって!今度1回見に行ってみない?

へぇー、いいね

じゃあ今度の休みに話を聞きに行ってみるか

 

妻とは前々からそろそろマイホームを建てたいねという話はしていて、妻は自分の実家近くにマイホームを建てたいと希望していました。

私は場所はどこでもよかったので特に気にしていなかった。

 

実家近くだと何かと頼りにもなるし、親も孫が近いと喜ぶでしょ

まあ、、そだね

 

さらに、子供は娘が2人なので防犯上の観点から薄暗い路地を進んだ先にある家は避けたいらしく、出来るだけ大通りに面した場所か、大通りから入ってすぐの場所が理想らしい。

 

そんな折に、実家近くの大通り沿いにある小学校の向かいのコンビニの裏の土地が分譲するということで、立地条件としてはほぼ理想的なので、妻が興奮して話してきている意味はすぐに分かった。

 

よし、実際に会って変な業者じゃなかったらここに決めよう。

 

そんな気持ちで話を聞きに行って見ると、現場事務所のコンテナハウスにいたのは白髪頭でスーツをビシッと決めたこの道何十年って感じの営業のおじいさんでした。

 

こんにちは

少しお話を伺いたいんですけども、、

こんにちは

はい、ではこちらにおかけになって下さい

 

そういって私のイスを引き、座る際にまるでホテルの接客かのように適度に前に押してくれた。

そして話してみると、私がした質問にも的確に答えを返してくれるし、売り売り感もなく、でも卑下して安売りするわけでもなく、ちゃんとした家をちゃんとした価格で、さらに言えばちゃんとしたお客さんに売りにきたんだろうなって感じの印象な方でした。

 

それから約半年間、そこは自由設計の物件だったので毎週のようにその分譲地の現場事務所に足を運び、営業の白髪おじいさんとその会社の設計士の方、そして私たち家族4人の6人で間取りの設計から壁紙の色、外壁の材質まで納得いくまで何度も何度も話し合いました。

時には妻と家の間取りや自分達の将来設計のことでケンカになることもありました。

 

妻には言ってませんが、正直なところこんなに大変ならもういっそマイホームなんてやめようと思ったこともあります。

たぶん、妻も同じことを思っていたと思います。

 

でもそうやってお互いの希望を納得いくまで話し合い、それにおじいさんと設計士さんもとことんまで付き合ってくれたおかげで最高の設計図が出来上がりました。

それから約9か月後。

 

2月の一番寒い時期に私たち念願のマイホームは完成しました。

 

外観は四角っぽく、凹凸が少なくて白を基調とした感じ。

中も基本は白で1階はリビング、2階は寝室と子供部屋です。

 

玄関には荷物が置けるちょっとしたスペースがあったり、

洗濯物を干すバルコニーは通常よりかなり大きくしてもらったり、

子供部屋は今は大きな1つの部屋ですが将来子供が大きくなったら間に壁を作って2つの専用の子供部屋にできるようにしてもらったり、

あと話し出すとキリがないのですがいろいろこだわって設計してもらいました。

小さいですが私の書斎もあります。男はこういうの好きですからね。笑

 

出来上がったマイホームを外から見た時も素晴らしいと思いましたが、中で1週間も住んでみると余計にその素晴らしさが分かります。

いろいろありますが、1番驚いたのは2月なのに暖かかったことです!

前のアパートは築20年だけにやはりどこか隙間風があったのか、暖房をつけている間は暖かいけど暖房を消してしばらくすると家の外と同じ寒さにまで気温が下がります。

だから夜暖房を消して布団に入るともう朝は出られません。笑

 

でも今の家は昨日の夜につけていた暖房の余韻が魔法瓶のように閉じ込められるので、朝まである程度暖かいままなので朝起きて布団から出るのが格段に出やすくなりました。

 

素晴らしい家です。

諸経費込みで35年ローンで3200万。

私の勤めている会社の信用で借りられるだけお金を借りました。

返済は大変ですが苦だとは思いませんでした。

 

季節外れ?!のダニ刺され

 

新居に引っ越して2か月。

春の陽射しの中にまだ冬の寒さが抜けきっていない4月上旬ぐらいの朝だったと思います。

上の娘がいつもだとまだ起きていないような朝早くに急にムクッと起きてきて、いきなり泣いているような怒っているような顔になって話しかけてきました。

 

パパー。ここかゆいよー!なおしてー!

 

ズボンをたくし上げて娘が見せてきたのは右のふとももの内側、よく見ると何か所か赤く腫れています。

寝ている間も相当痒かったんでしょうね、すでに爪で引っ掻いた痕があります。

 

少し広範囲に何か所も腫れていたので最初は皮膚炎かとも思ったのですが、まずは原因究明より痒みを止めてあげることだと思い、軟膏を探しましたが家に常備していなかったので仕方なく氷で冷やして炎症反応を抑えることにしました。

 

冷やしている間は痒みが治まるようですが、皮膚の温度が上がってくるとまた痒くなって泣き喚きます。

この痒みは後に私も味わうことになるのですが、大人でも気にしないことが出来ないくらい痒いです。

 

仕方ないので妻がアイスノンをハンドタオルでくるんで娘に持たせて太ももに当てさせながら皮膚科まで連れて行きました。

そこでようやく犯人が判明します。

 

これはダニに刺されていますね

え?ダニ、、、ですか?

あのマダニとかいう怖いやつですか?

いえ、恐らく家に生息するツメダニという種類のダニだと思われます

確かにマダニは怖いですが屋外に生息していますので大丈夫ですよ

そうですか、、よかった

でもダニって、梅雨の時期とかに出てくるものじゃないんですか?

よくご存じですね

 

確かにダニの被害は梅雨の時期が1番多くなります

ですが今は条件さえ整えば一年中出ますよ

 

ダニは比較的暖かくて湿気が高いところを好みます

 

昔と違って今の家は冬でも暖かいでしょう?

だからダニが梅雨時期の害虫というのはもう昔の話なんですよ

ええ!?そうなんですか?!

でも今までこんな時期にダニに刺された事なんか、、アッ!!!

何か心当たりでも?

実は、2か月ほど前に新しい家に引っ越してきたんです

その家が冬でもすごく暖かくて快適だったので、もしかしたらそれが原因かも、、、

なるほど、その可能性は高いですね

 

とりあえず今日はお嬢ちゃんに痒み止めのクリームを出しておきますので、それで様子をみてください

はい、分かりました、、、ありがとうございました、、

 

私が仕事から帰ると妻から皮膚科でこのような話をしてきたと言われ、私もまさか4月にダニが出てくるとは思わなかったのでびっくりしましたが、とりあえず何かの皮膚病じゃなくてよかったと思いました。

ダニなんか季節外れだし、今回は上の子がたまたま刺されちゃっただけだろうと思ったんです。

そして次の日、夜中の3時。

 

パパー!あしがかゆいよ~!ねむたいのにねれないよ~

あたしもダニに噛まれちゃったみたい!

あー、痒い!痒いわ~!

今度は妻と下の子がダニに刺されてしまったようです。

すぐに2人とも上の子が皮膚科でもらった軟膏で処置したのですが、痒みが治まるまではしばらく時間がかかります。

この間に患部を掻いてしまっては意味ないので、泣き喚きながら引っ掻こうとする下の子の手を私が力ずくで押さえつけます。

この時間が地獄です。

掻きたくても掻けない本人も地獄ですが、辛そうな顔を見ているこっちも地獄です。

そうやって泣き暴れてるうちにやがて泣き疲れて寝てくれました。

 

私はここでようやく事の重大さに気付きました。

 

たまたまダニに刺されたんじゃない

この家で大量発生しているんだ

しかもこれからは本格的にダニの季節、今、何とかしないと梅雨の時期は体中が真っ赤になるほど刺されてしまうだろう。

 

でもそもそもなんでこの家だけダニが発生しているんだ?

何が悪いんだ?

 

ここで妻が言っていた医者との会話を思い出しハッとした。

 

ダニは比較的暖かくて湿気が高いところを好みます

 

昔と違って今の家は冬でも暖かいでしょう?

だからダニが梅雨時期の害虫というのはもう昔の話なんですよ

 

ん?『昔と違って今の家は冬でも暖かいでしょう????』

 

そうか!冬に暖かくし過ぎてたんだ!

 

普通、ダニは冬は寒さで数が減る、だけど冬でも春みたいに暖かくしていたせいで数が減らないまま冬を越し、本格的に暖かくなり始めた今、爆発的に増えてきたんだ!

 

そうか!だから今なんだ!

 

となるとやることは1つ、ダニ退治です!

 

ダニ退治は失敗の連続