お薬手帳をちゃんとつけよう

病院や薬局で処方された薬を記録する「お薬手帳」、ほとんどの方が所持されていることでしょう。あなたはちゃんとつけていますか?
今までの投薬歴を参照したり、何より怖い薬の飲み合せで悪影響が出るのを回避する為必要なのは解っていても・・・ついついうっかりしたり、嵩張って邪魔だからと、携帯しないことも多いのでは?
でも、これってとっても重要なことなんです。今のあなたは大事に思っていなくても、例えば体の不具合の多くなってきた高齢のご家族やまだ心身が成長しきっていないお子さんはどうでしょう?
自分自身では処方薬の正確な管理が難しいにも関わらず、いくつもの病院を廻ることもあるでしょうし、転院されることもあるでしょう。そんな時、お薬の記録が大事なご家族の命を護ることになるんです。
それに万が一の災害時にもお薬手帳を持ち出し品に加えていれば、投薬状況の引き継ぎがスムーズになることでしょう。
大事な方たちに笑顔で「ちゃんとつけよう」と言えるように、何よりあなた自身のこれからの為に、お薬手帳の大切さを再認識していただければ幸いです。
最近はお薬手帳の電子化の動きもあるようです。紙媒体よりこちらに興味のある方は、最寄りの薬局にご相談されてみてはいかがでしょうか?

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme