薬とアルコールの飲み合わせ

お酒等のアルコール飲料で薬を飲む事は、基本的に御法度と言えます。

多くの薬剤は服用した後にある一定の時間を掛けて肝臓で分解される事になります。
これを想定した上で、体内での薬理作用がその効果を充分に発揮し、同時に過大な副作用を起こさないように調整されている訳です。

ところがアルコール飲料と同時の摂取となると、アルコール自体も肝臓での代謝を受けるものですから、肝臓の働きの一部を奪ってしまう事に繋がります。
しかも多くの場合、アルコールは薬剤の代謝に優先します。

その為、体内には想定以上の高い濃度の薬剤が残留してしまったり、逆にアルコール代謝酵素の働きで想定以上に早い分解で濃度が下がってしまったりします。
これによって思わぬ副作用が生じたり、効果が損なわれるという状況になってしまう可能性があるのです。

また、薬剤自体がアルコールに溶けやすいものであった場合には、薬剤の吸収経路が本来の想定と変わる可能性もあります。
これも想定外の事態に繋がる可能性があります。

何れにせよ、アルコールと薬の飲み合わせが決して良く無いものと認識する必要があります。
場合によっては前後のアルコール摂取にも気を使う必要があるケースもあり、注意が必要と言えます。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme